ヒプノーシス(催眠)を用いた心理カウンセリングのひとつ

ヒプノセラピーは「催眠療法」といわれ、ヒプノーシス(催眠)を用いた心理カウンセリングのひとつです。表面的な意識レベルにとどまらず、心の深いレベル(潜在意識)でのカウンセリングを可能にするものです。
心の大部分を占める潜在意識に押し込んだ傷(トラウマ)や、悲しいこと、辛いこと、苦い記憶などをヒプノセラピスト(催眠療法士)との対話をしながら潜在意識レベルで整理し、傷を癒していく心理療法です。
自分の夢や生きる目的を知り、望む自分や未来を手に入れるためのことができます。
自分自身でさえも気づかない行動のパターンをヒプノセラピスト(催眠療法士)との対話の中で共に考え、解決をしていこうとする心理療法のひとつです。